タイトルは34文字がSEOで最適。ディスクリプションは60文字で。

SEOに最適なタイトル文字数

 スマートフォンで表示される検索結果はタイトルが34から38文字まで。概要の説明文ディスクリプションは、約60文字が一般的です。

 SEOの観点からみると、タイトル50文字、ディスクリプションは120文字が最適と言われていますが、スマートフォンからの流入を意識するなら文字数を削ってみると効果があがってきます。

Title(タイトル)タグはGoogle 37文字、Yahoo 38文字が最大。

 検索結果を調べてみると、タイトルは37か38文字が最大。それより長くなると表示されないので、表示される文字数で最初から作っておくほうが効果的です。

↓GoogleとYahooの検索結果の例

google検索結果
Yahoo検索結果

 長いよりも短い方が上位表示がしやすくなりますので、最適な34文字以内にしておくのがベストです。

Description(ディスクリプション)タグは、60~66文字。GoogleとYahooで微妙に結果が違う場合も。

 こちらもGoogleとYahooでほぼ文字数は同じで60から66文字となります。これよりも長くなると...で表示されません。

 ただし、検索結果の表示は必ずしもDescriptionの内容が表示されるとは限りません。Googleの場合は60文字前後でそのまま表示されていても、Yahooの場合は、本文中の内容が表示されることもあります。

 このあたりは、検索サイトの仕様となりますので、本文中に始めの部分にもキーワードをある程度入れておくことをお勧めします。

まとめ

まとめ  スマートフォンからの流入が多くなっている現在のサイト制作時には、SEOもスマートフォンに最適化しておくことが必要です。パソコンの検索結果や従来のSEOの強みを生かす場合は、少し文章を変えて、前半部分の表示を工夫してみると少しの手間でも効果大です。

 タイトル34文字+ディスクリプション60文字を参考に。