期間2ヶ月で新規にドメインを取得して上位5位以内に表示されました

新規ドメインでも上位表示できます

 新規で立ち上げたサイトの公開1週間はアクセス5以下でした。2週間で検索結果に反映されるようになって、狙ったキーワードで上位表示させることができたのは、公開から2ヶ月後でした。

一番重要なのはターゲットが求めるコンテンツ

 情報を求める人は、特定のキーワードで検索してきます。「特定の」という部分が重要で、この場合は、細分化されたキーワードのことになります。

 例えば、このページのキーワードは、新規ドメイン 上位表示 期間 で設定しています。単純に新規に公開するサイトに独自ドメインを取得して公開した場合、どれぐらいの期間で上位に表示させることができるのか?という単純に期間が知りたい方が求めてやってきます。

 求めるキーワードとページの内容がマッチしていれば、かなりの確率で中身を読んでもらうことができます。

上位表示=5位以内

まずは5位の検索結果表示を目指します

 検索結果に表示されるリンクのクリック率をどこかのサイトで見たことがあります。1位が20%、2位以下はその半分、6位以下は2%程度だったと読んだ記憶があります。この結果からすると、やはり1位に表示させることを最終的な目的とするべきであり、絶対に上位を狙っていく必要があります。

 最近はスマートフォンからのアクセスが80%以上を占めることが多いので、自分で狙ったキーワードをスマートフォンで見てみることをおすすめします。

 5位ぐらいまでしか見ていないのでは?実際、キーワードを入れて出てくる結果の上位5位ぐらいまでしか見ないのではないでしょうか。特にスマートフォンの小さい画面では、スクロールして出てくる下の部分はほとんど見られていないと考えてよいはずです。

 まずは、確実に5位以内に表示されるようにしていきましょう。

検索結果に表示されるまで2週間

 まずは、検索結果に拾ってもらうことから。とにかく最初は自演でもいいので、2本はリンクを貼ります。これは無料ブログからでも、自分の持っている別サイトからでもよいです。

 とにかくリンクされていない=価値がないと考えてください。最初はGoogleの検索結果に表示されるまでに時間がかかります。10日から2週間は最低かかると考えてよいと思います。

 手っ取り早く検索結果に表示されるようになるには?中古ドメインの活用も

コンテンツの追加も忘れずに

更新頻度も最初は重要です

 一度公開したページに関連したページを追加していくことをお忘れなく。検索結果に表示される際の評価基準は、Googleの検索アルゴリズムでは200以上の項目があると言われています。そのすべてに対応していくのは不可能ですし、重視される項目は基本的にページの中身、コンテンツです。

 公開した後でも、適宜修正していくことや関連するページを追加していく方が、ページだけでなくサイト自体のテーマが充実していきます。上位表示にはあまり関係がないと言われていますが、更新頻度が高いサイトであれば、Googleの巡回頻度も高くなりますので、この点はお忘れなく。

つけたリンクは最初の2本だけ。2ヶ月で5位以内に

 被リンクが重要な要素だと言われていますが、確かにそのとおりで、リンクされていないページはそもそもGoogleに拾ってもらえません。まずは他のサイトからリンクを貼ることが重要です。

 キーワードが内容とマッチして、コンテンツがしっかりしていれば、高い確率で1ページ目にはすぐ表示されます。狙ったキーワードでまず1ページ目に表示されることを目指していけば、その後の5位以内は速いことが多いです。

SEOに無理に力をいれない

新規ドメインでの上位表示SEO

 SEOを気にしだすときりがありません。ホントに気の長い大変な作業の積み重ねが必要です。被リンクは何本、キーワードを散らして、文章のは4,000文字以上、SNSとの連携など、SEOというキーワードだけでウンザリするほど出てきます。

 ですが、基本的にはそのページの持つコンテンツか最重要です。下手にSEOに力をいれるあまり、本来のページの持つ重要性が失われることも多々あります。

 無理にSEOに力を入れても、時間とおカネの無駄になることもかなりあります。予算が豊富であれば、力を入れるといいのかもしれませんが、基本的に新規ドメインでの上位表示には、どんな方法を使ってもある程度の時間がかかると理解しておくことが大切です。

ビッグなキーワードでは無理

 ここに挙げた新規ドメインでの上位表示できた方法は、あくまでもニッチな検索ボリューム(検索結果の数)が10,000以下、だいたい5,000件程度での方法です。100万件やそれ以上あるビッグなキーワードでは、当然無理です。

 クレジットカード比較、iPhone8値段などの数百、数千万件でてくるようなキーワードは、すでに強豪がうようよしていますし、そういうサイトにはSEO対策が完璧なぐらい施されています。

 新規ドメインで上位表示を狙うには、ニッチなキーワードでまずはスタートしてみましょう。

このページの検索結果について

 今ご覧いただいている、このページ「期間2ヶ月で新規にドメインを取得して上位5位以内に表示されました」は、10月20日に公開したものですが、Googleの検索結果には、10月27日に2ページ目に反映されています。

7日でGoogleの検索結果の2ページ目に表示

 キーワードは、「新規ドメイン 上位表示 期間」の3つです。被リンクも上記に挙げた2つのみ。このページは、比較的軽く表示されるように画像もそれほど多く配置していません。また文字数もおそらく2,000文字よりも少ないはずです。

 内部リンクは未対策です。外部リンクは最初につけた2本のみ。さらにソーシャルボタンは配置していません。ソーシャルボタンはなくても不自由さを感じたことがないので、SEOTECH全体で廃止しました。詳しくは、ソーシャルボタンいらないので削除した結果。お!?検索順位が上がったぞ をご覧ください。

新規ドメインではありませんが、3位に表示された記事の例

 実際にここに挙げた方法のみで、3位に表示されたページがあります被リンクの効果でてくる期間を検証!!8日で1ページ目へ は、同じ方法で被リンクは2本、内部リンクは未対策です。

 キーワードは、「被リンク 効果 期間」を入れています。こちらは、5日間で被リンクを10本つけた時の順位変化をグラフ化したものです。20位ぐらいから8位以内に表示された手順と結果を簡潔にまとめたものです。1分かからずに読めてしまう内容です。

 更新頻度も9月20日に作成。24日に一部更新、30日にも一部更新。10月27日に3位に表示されました。

3位に上位表示されたページの例

 新規に取得したドメインではありませんが、キーワードをしっかり絞っていくことで、狙うジャンルでの上位表示も可能になっていきます。

 新規ドメインで上位表示を狙うには、ニッチなキーワードでターゲットを限定していくことが重要です。

※2017年10月27日 記事を更新しました。