【上がらない検索順位を上げる方法が無料でできた!!】5位以内に表示完了

検索順位を上げる方法を徹底解説します

 絶対に検索順位を上げたい!!上げる方法を知りたい。そんな方には、少しだけ役立つ方法になっていると思います。

 検索順位が上がらないで悩んで試した結果、見えてきた法則のようなものがあります。無料ブログをうまく活用することで、Googleの検索結果で5位以内に表示させることに成功しました。

上がらない時は常にコンテンツに問題あり

上がらない時には上がる方法を探します

 完成されたコンテンツは、存在しない。問題は常にコンテンツにある。

 そんな言葉をかつてネットのどこかで見た記憶がありますが、確かに当たっているような気がします。

 上位表示されないページを細かく見ていくと、やはり問題はコンテンツの中にあります。不要なキーワードを配置して文章として成立していないものはありませんか?

 画像のALTに配置したキーワードがその場所に必要ですか?など気にすれば問題点はどんどん出てきます。

 このページでは、一般的にSEOでよく言われている、コンテンツ、Titleタグ、メタタグ、H1タグの説明は省略しています。その手の情報は、検索結果でいくらでも出てくると思いますので。

 ここでは、単純にこれをやったら上位表示できました、の手順を説明していきます。

検索順位をあげるために実施したSEO対策の方法

上げるためのSEO方法

コンテンツ

 ある程度の文章と画像を入れるようにしました。試していて漠然と気づいたのは、文字数が500文字以下では検索順位の上位に表示させることは難しいということです。

 見出しには、対策するキーワードを一つずつ入れました。

 文章内に散らばっているキーワードにstrongタグを少し配置しました。具体的には、見出しタグと文章をワンセットと考えてその部分に1ヶ所ずつ。

 画像を配置した時には、ALTにキーワードを入れました。画像がまったくないテキストのみで構成されたサイトでも試してみましたが、画像がまったくないページの上位表示は少し時間がかかります

キーワード

キーワードも無料で上げる方法です

 対策するキーワードを限定しました。例えばこのページには、「検索順位 上がらない 上げる方法」をキーワードに設定しています。おそらくこのワードで検索されてきた方がほとんどだと思います。

 キーワードを限定して、検索する方のイメージが重要だと思います。連想ゲームのようなもので、このキーワードに関連する項目を書き出してみると、意外と面白いキーワードを思いついたりします。

 思いついたキーワードを絞り込んでいくことが、検索結果で上位に表示される第一歩となります。

被リンク

 無料で作れるライブドアやアメブロなどの無料ブログからリンクを貼りました。リンクは、サイドバーからではなく、記事の本文中からのみ。

 いずれも個人ブログや日記などの一日2、30件程度のアクセス数しかない小規模なブログからのリンクです。

 リンクの本数は6本つけました。

 リンクのテキストは、6本ともにすべて違うものに設定しました。1本は、ページタイトルそのままでリンク。その他の5本は、キーワードを含むテキストで設定。被リンクは一日にまとめて6本特定のページに設定しました。

 一概には言えないのですが、サイドバーからリンクを貼った場合には、本数が一気に増える関係で、スパム的な扱いをされてしまう可能性があります。被リンクで効果が上がらない時にはこの部分を疑った方がいいかもしれません。

 実際にいくつかテストをしましたが、サイドバーからリンクさせた場合、記事本文中からリンクさせた場合とでは結果がまるで違います。サイドバーからリンクさせた時には、まったく効果がでないことが多いので、記事本文中からリンクさせるようにしました。おそらく検索順位をあげる方法のコツの一つです。

内部リンク

 内部リンクは、このページのものと同じくmicrodataでパンくずリストを作成。ページの構造を深くしないようにしました。

 他には特に対策をせず、ヘッダーはトップページへのリンクのみ。サイドバー自体排除、フッターにもトップページへのリンクを置きました。よくある関連記事の表示などは行わず。

 URLの正規化はwwwなしを.htaccessで設定しました。URLの文字数がSEOでは気になるところですが、いろいろ試した結果、日本語ドメインでURLが多少長くなっても、検索順位に影響の違いはありませんでした。

ドメイン

ドメインは新規ドメインで作成

 お名前.comで取得した1円ドメインの.workで作ったまま放置していたものです。その間アップしていなかったので、完全に新規ドメインと同じ状態です。

 検索順位が上がらない原因としてドメインの利用期間が関係あると思われます。やはり新規で取得されたドメインや長期間放置されていたドメインで検索順位の上位を狙っていくのは難しいと思います。

徹底的に配慮したのは軽量化と高速化

 表示速度を早くするために、画像の軽量化を行いました。JPEG画像は画像が粗くなりますが、表示速度を優先してファイルサイズの軽量化を行いました。

 CSSは、デザインの要素を見直してシンプルなものに変更しました。不要な装飾類は排除して、画像ファイルを極力使わない方向に調整しました。

 レンタルサーバーは、ロリポップを使っていましたが、SSD採用で月額料金の安い【JETBOYレンタルサーバー】 に乗り換えました。

 スマートフォンからのアクセスを重視して、ファイルサイズを徹底的に軽量化。反応速度の良い高速サーバーに移行することで両方の効果を期待しました。最近のGoogleの検索結果では、表示速度の速い方が検索順位の上に来る傾向が強くなっています。

 順位が上がらない時には、軽量化と高速化に上げる方法が隠れているかもしれません。

所要期間と結果

無料で検索順位が上がった方法と期間は3ヶ月

初期の反応

 アップロードしてしばらくは、当然検索結果には出てきません。約2週間経過したところで、狙っていたキーワードの3ページ目に表示されるように。この間も、2日に一度程度は巡回で回ってきていたようです。

1ページ目には20日目

 そのまま放置している状態で約20日後に狙ったキーワードの検索結果で1ページ目に表示されるようになっていました。

 ただし、表示された検索結果では、descriptionの内容がGoogle側で変更されていたものに。こちらが意図したキーワードはうまく表示させることができませんでした。

コンテンツの修正

 そのまま放置して様子を見ましたが、検索順位に変化がありませんでしたので、コンテンツの修正を行いました。descriptionの書き換えと文末に文章を加筆修正しました。

 文章中に設定していたstrongタグの位置を変更。文章も意味合いが変わらない内容に書き換えました。

 この加筆修正が上位表示には不可欠のようです。複数のサイトやブログで確認しましたが、一度公開したものやアップロードしたまま放置していたページは、1ページ目から比較的早い段階で落ちてしまいますが、文章の加筆や修正を加えたものは、残りやすい傾向が強くあります。

 注意したいのは、キーワードを変更しないこと大変重要です。タイトルの変更は一時的な順位の下落を招きますが、コンテンツとキーワードがマッチして、キーワードがタイトル内に含まれていれば、順位はすぐに戻ります。

 検索順位が上がらないからといって、キーワードを変更した場合には、根本的なコンテンツの見直しが必要になります。

 上げる方法のコツは、キーワードを変更しないことです。

5位以内には3ヶ月

 コンテンツの見直しと修正を行ってから、順位が再び上昇。3ヶ月ほどで検索順位の5位以内に表示することに成功しました。この間、被リンクについては手を加えずそのまま放置。

 リンクの本数を多くすれば、もっと早く順位があがるのでは?とも思いますが、実際に本数だけではだめなようです。早く上げるための方法でリンクを強調している手法もあるようなのですが、本数だけではダメな気がします。

リンクの本数が多くても上がらない時もあります

 失敗例がこちらにあります。リンクを20本つけて40日間待っても何も変化がなかった例です。SEO目的で被リンクを20本つけて効果なし。リンク外しても順位変化なし

 新規ドメインの場合でも、少ないリンクで検索結果の上位に表示できた例もあります。 期間2ヶ月で新規にドメインを取得して上位5位以内に表示されました

検索順位が上がった方法です

 参考になるかはわかりませんが、ソーシャルボタンを排除して、検索順位が上がったこともあります。ソーシャルボタンいらないので削除した結果。お!?検索順位が上がったぞ

以上、検索順位が上がらない状況でお悩みの方の参考になれば幸いです。絶対上がるとか1位に上げるための方法ではありませんので、その点はご理解ください。

このページも今後修正していく予定です。