[SEOで1記事の文字数]1,500文字で検索1位を狙った結果

 1記事の文字数が1,000文字以上が望ましい。Googleで上位表示を狙うなら、1つの記事は最低1,000文字以上は必要という基準のようなものができあがってしまっています。

 ネットでSEO文字数で検索すると、かなり文字数について書いているブログも多いです。

 3,000文字から5,000文字あたりが一番理想的らしいのですが、確かに検索1位に来ているページは文字数がかなり多いのは事実。

 では、1,500文字ぐらいの記事で果たして検索1位は取れないのか、ちょっと試してみます。

検索上位になるSEOのコツ

 まず単純に検索上位になるためのコツですが、1記事の中にキーワードを必ず入れること。タイトルもそうですが、本文のの中に散らしていれること。

 キーワード出現率何パーセントなどは特に意識する必要はありません。読んで自然な文章ならキーワードが入っていれば問題ないです。

 あとは被リンク。コンテンツ+被リンクでたいていのキーワードでの上位表示は十分可能です。

 被リンクは購入したリンクでも効果がありますので、【購入した被リンクで検索1位】1,000円で3本SEOリンク買い のページが参考になると思います

 ちなみに、検索上位になるSEOのポイントをまとめると以下のとおりに。

  1. コンテンツ(正確性,信頼性,ドメイン年数)

     文字数も重要ですが、運営者情報などの表示による信頼性、運用されているドメインの年数も最近はかなり評価対象

  2. 被リンク

     本数よりも少なくとも被リンクが分散していることが効果ありと感じています。

  3. 高速表示

     スマートフォンからでも高速表示される点がかなり重要。CDNや画像の遅延読み込みも効果的。

1記事の文字数1500で作成

 このページの記事内の文字数は1,500文字程度で書いています。

 bodyタグ内の文字数なので、タイトルやdescriptionタグも入れると1,600文字ぐらい。最新のSEO動向ではやや少ない文字数です。

 SEOで重要なのは、文字数よりも何が書いてあるかが重要なのですが、今のところGoogleの判断は文字数の多さもコンテンツの重要な要素と考えているみたいなので、これに従うしかありません。

 1,500文字で書いてみると、かなりスカスカのページになるかもしれません。ただ短期的にもでも1位が狙えるなら、まったく無駄な方法ではないと思います。

 文字数が多い=SEOで有利というのは、1記事の中身にこだわる上では、あまり意味がないのではというWebサイト制作者の疑問に多少役立つ検証になるかと思います。

検索順位の変化を見てみると

 このページは、2019年12月15日に公開しています。公開2日後から、被リンクを外部サイトから2本貼っています。

 1記事の文字数は約1,500文字。高速表示はAMP化対応とSSD採用のスターサーバーを使っています。月126円ですが、SEOの高速表示ではかなりいい効果がでているサーバです。

 検索上位は、今のところ目立った表示の変化が出ていないものの、比較的早い段階で検索結果には出ているので、変化があれば、また更新記事で追加してみたいと思います。基本的には10日ぐらいでなんらかの変化が出てくるのではないかと思いますので、また後日。

 1ページの記事内の文字数を1,500文字でもSEO対策でどれぐらい効果がでるのか実験中の記事です。結果が楽しみです。

 SEOはコンテンツが最重要。文字数に注目する方が多いのですが、文字数と読みやすさのバランスも考えてみると、いい記事になると思います。

■更新履歴
2019/12/15 記事を公開しました。

↑ページの上へ戻る