[構造化マークアップは不要!!]省略しても検索1位

 構造化マークアップは何のためにするものなのか、これをはっきりさせておかないと、記述するだけで終わってしまうことになります。

 実際、構造化マークアップの記述をしたところで、検索結果にもユーザにもまったくメリットがない場合がほとんど。

 省略しても検索1位が取れるなら、不要と考えてよいのではないかと考えています。

構造化マークアップは何のため?

 JSON-LD やMicrodata で構造化マークアップを記述するために試行錯誤しなければいけない。そんな手間をかける必要があるのか再考する余地があります。

 schema.orgで記述の方法を参照することが多いと思いますが、このリストを見て、自身のサイトをどのカテゴリでどの内容を記述したらいいのかパっと理解できる人は少ないのではないかと思います。

 NewsArticleやWebPageの項目にさらに細かくbreadcrumbやdateCreatedの項目があり、さらにそれぞれ記述の方法が決まっています。

 記述方法にエラーがあると構造化マークアップは未完成で反映されません。

 本来、構造化マークアップは、クローラにコンテンツの内容を伝えるためのもの。クローラはコンテンツの内容をユーザに見えやすくするためにコンテンツの内容を吟味しています。

の3者が本来期待するべきは、ユーザに有益な情報を伝わってほしいというものであるはずです。

 ところが、現状で構造化マークアップが果たしている役割というのがどこまであるのか疑問です。

 細かくカテゴリ分けされた構造化マークアップの記述が的確でないと、無意味なマークアップ作業になってしまうのですが、これ意味ないんじゃないかと思うサイト制作者の方が思いのほか多いのでは?

 実際構造化マークアップは絶対必要なもの、ではありません。Googleが推進するAMPプロジェクトでは、当初AMPの記述で構造化マークアップの記述が必須だったのですが、それもいつの間にか不要でOKになってしまっています。

 現状Googleの検索基準に合わせたページを作ることが標準的になってしまっているので、Googleが一部であってもこうしたAMPが不要だと判断したのは、すでに構造化マークアップの記述に無意味さがあることを示しているのではないかと思えるわけです。

 現状構造化マークアップは、パンくずリスト、商品旅行グルメのレビュー、イベント予定、FAQリストの表示ぐらいしか検索結果に表示されていません。

 そもそも一般的なブログやサイトでは、schema.orgのリストの中のWebPageのbreadcrumbぐらいしか記述するものがなかったりします。

 構造化マークアップの何のためにするものか、考えたときに少なくともユーザからすれば、不要なものだと判断していいのではないかと思えまます。

 Googleも絶対必要ではなく、ユーザから見てもあってもなくても良い、後はWebサイト制作者がどう判断するかです。

情報の価値は見る側が決めるもの

 Webサイトの情報の価値は、Googleが判断しています。最近のGoogleは、ユーザがページの最後まで時間をかけて読んでいるのか、別ページまでリンクをたどっているかなどの情報をしっかり集めています。

 コンテンツの内容も以前はページ上部を重視する傾向がありましたが、最近ではページ下部に重要な記載をしても、それをしっかり判断して上位表示の際の基準にするようになっています。

 そうしたユーザの動作もチェックしてから、Googleが情報の価値を判断しています。

 ユーザの動向だけでは、判断基準では不明確で、コンテンツがやはり不十分なページは、あまり上位表示ができていないのが現状。

 情報の価値は見る側が決めるのが一番いいのですが、SEO対策がしっかりされたページ+コンテンツがしっかりしていないとキーワードによっては、あまり上位が狙いにくいのが実情ですね。

 ただ、構造化マークアップの有無に関しては、ほぼ検索順位の判断基準には入っていない模様。

 Google側が判断したページの内容について、構造化マークアップの記述が合致しなかったとしても、構造化マークアップを無視しているのか、ほぼ無かったことにして、Google側が判断してくれる仕組みがすでに出来上がっています。

構造化マークアップなしでも検索1位

 試しに、構造化マークアップを一切しないサイトを作成して、SEOで被リンクを張ったページがどうなるのか。

 結論から言ってしまうと構造化マークアップが無くても、検索で1位は取れます。

 むしろ無い方が、記述が簡単になるので作業の手間を考えるとナシにした方がサイト制作者としては作業が楽になります。

 以前、検索0位とも言われる「強調スニペット」には、構造化マークアップが必須と言われていましたが、実際試してみたところ、200文字程度でまとまった文章であれば、比較的表示されやすい傾向があることが分かっています。

 構造化マークアップは、現状ではパンくずリストぐらいしか使うところがないので、なくてもまったく問題ありません。

 無理に構造化マークアップを記述しようとして、必須項目をどう記述していいのかわからないのであれば、構造化マークアップをまるごと排除してしまっても、それほど影響はありません。

 Googleが検索順位を決める際の基準として、200ぐらい項目があるらしいのですが、実際にSEOでテストしている限りでは、2019年から2020年にかけては以下の5項目ぐらいでまとめてもいいのではないかという気がしています。

 構造化マークアップの必要性はほぼありません。無くても検索で1位や上位が取れるなら、正直今後も構造化マークアップをわざわざ記述する必要はないかと考えています。

 現状、シンプルなページこそ検索1位への近道です。

 このページが悩み多きサイト制作者の方々の参考になれば。

■更新履歴
2019/12/11 記事を公開しました。

↑ページの上へ戻る