画面下の広告がうざい!!逆効果イライラ広告を実装した結果が報酬UPだが

1記事1500文字で作成

 画面下の広告ははっきり言ってうざい存在。効果ないんじゃないかと思って実装したら、広告報酬アップするんですよ。ただ、徐々にウザがられてしまうのかアクセス数は減ります。

 このページの下↓にも表示してみました。(5秒で消えます)

 広告の効果を測定するのは、やはり報酬額であったりどれだけクリックされたかであったり。サイト制作者はいろいろ考えるわけですが、スマホの広告で一番邪魔なのは、画面下に張り付いて消えない広告バナーです。

 サイト制作者の側から言わせてもらうと、あれ一時的にでも報酬が増えるので、ついついサイトに取り入れてしまいがちな方法です。

 結論から言えば短期的に広告報酬は増えますが、アクセス数は徐々に減少します。なので、やめた方がいいです。

うざい広告サンプルがコレ

 すでにこのページを表示した時に下部に表示されたと思いますが、画面張り付き型の広告ですが一番邪魔な存在。

 5秒で消える設定にしておいたので、すぐに消えたと思いますが、ああいうのがネット上には無数にあります。特にまとめ系のサイトに多い気がしているのですが、最近は美容系ブログにも増えている印象。

 画面がせまくなるだけで、スクロールもしづらくなる上に文章も読んでもらえなくなります。

 サイトの制作者としては、「ページの下に広告張り付けた方がクリックしてもらいやすくなるんじゃね?」的な安易な考えでやっているのですが、誤クリックが増えるだけで、ページを読まずにブラウザバックしてしまう方もかなり増えるので、結局サイトのアクセス数としてはかなりマイナス効果です。

 クリック数によって広告報酬が増えるタイプの広告を貼っている場合は、報酬はアップしますが、それも一時的なもの。結局「あぁまたこのタイプの広告か」と読まずに帰ってしまう方も増えてしまいます。

 よくサイトのお知らせなどで使う方もいるのですが、数秒で消える設定にしておいたほうがいいかもしれません。10秒ぐらい表示されると迷惑なだけですし、サイズも小さめにしておいたほうが無難かもしれません。

このページで表示している画面したの10秒表示のボックスは、こちらのページを参考にしています。

短期的に報酬アップします

 広告収入自体は一時的にアップするのですが、画面下の張り付き型の広告なら10%から20%ぐらい増えます。クリック型の広告に限りますが、残念ながら報酬が増えてしまうので、この手の広告は今後増える一方だと思います。

 短期的にでも収入アップをトレンドブログや情報ブログの方は、今後さらに取り入れていくのではないでしょうか。

 広告を閉じないとコンテンツが見えない、アダルト系動画のコンテンツのような広告も今後増えると思います。誤クリックが増えるだけなので、あれも邪魔なのですが。

 すでに大手サイトで実装されている、いきなり動画広告がスタートするタイプも今後ますます増えていくはずです。

 残念ながらサイト制作者としては新しいものを試してみたい欲望があるので、動きのある広告の方がクリック率がいいのでは?とついつい考えてしまいます。

 この傾向は止まることがないので、残念ながら画面は今後も動きのある広告で埋まっていくはずです。

長期的にアクセス減少

 短期的に広告報酬が増えるので、ついつい画面下の張り付き広告をやってしまいますが、実際にやってみると、うざい広告のせいなのか、自然とアクセス数は減少していきます。

 見る側からすると、またこの手の広告のサイトか…とうんざりしているので、中身を読まずにそのままブラウザバックしてしまう傾向が多くなってしまう様子。

 長期的にアクセスをしっかり確保したいなら、コンテンツ内に自然に広告を入れておく方が、自然なクリックを得られると思います。

 広告報酬の額にもよりますが、あまり短期的な報酬にとらわれて、肝心なコンテンツが見えにくくなってしまうと、単純に見る側にとってデメリットしかないので、そのページの価値が減少するだけです。

 広告効果としても、画面下の張り付き広告は邪魔なだけなので、むしろマイナスイメージになってしまいます。

 こうしたマイナス面はやってみないと分からないことなので、サイト制作者の方が早めに気づいてくれるといいのですが、ああいうタイプの広告は、一度流行りだすとなかなか終わらないものなので、正直ああいう広告を入れているサイトは読む価値がないものと判断していいような気もします。

失ったアクセスはなかなか戻らないので

 一度アクセス数が減少して、仮に画面下の張り付き広告をやめたところで、なかなかアクセスは元に戻らないです。

 最近のGoogleはユーザが、記事をしっかり読んでいるのか、どういった動きをしているのかを把握して、検索順位に反映させることが多くなっています。

 単純にコンテンツがよければ、ユーザが記事の最後のほうまで読んでいるはずなので、そうしたコンテンツを検索上位に表示する傾向が強いです。

 広告のせいで、ユーザがすぐにブラウザバックしてしまうと、そのページのコンテンツは読む価値がないものではないかと判断されてしまうのか、かなり早い段階で検索順位も落ちてしまう傾向が出ていたので、アクセス数を維持したい場合には、あまり広告を画面に常駐させておくのは得策ではないと思います。

 一度失ってしまったアクセスはなかなか元に戻らないので、スマホで見て邪魔だなと思う広告の表示方法はやらない方がいいような気がします。

5秒で消えます!!
seotech.click

うざい広告ボックスのサンプル。
こうやって画面の下に張り付いたまま動かない広告を最近良く見かけますが、画面が狭くなるだけで無駄です。誤クリックの誘導でクリック数を増やすには効果があるのですが…。

■更新履歴
2019/12/30 記事を公開しました。

↑ページの上へ戻る